青森ねぶた祭りの日程について

2021年は8月2日から7日まで6日間開催される「ねぶた祭り」。
会場は青森駅から徒歩10分の国道4号・7号と新町通りです。
2日から6日までねぶたの運行日程は夜の19時から21時まで。

1日の前夜祭と最終日7日には花火大会も予定されています。
また、7日にはねぶたの海上運行もあります。

毎年300万人の人出があり、大変混雑する祭りですので、ねぶたの観覧はゆったりとできる有料観覧席の桟敷席がおすすめ。
バスツアーなら桟敷席の確保から宿・ホテルの宿泊費や交通費まで含まれているので便利です。

人気の青森ねぶた祭りのバスツアーはこちら!

仙台などの東北出発!日帰りで行く青森ねぶた祭り!

「青森ねぶた祭<トイレ・化粧台付きクラブツーリズム号プラン>」は日帰りのツアープラン。
朝は11時ころとゆっくりめで出発し青森ねぶた祭りへ。
夜から始まる迫力のある大型「ねぶた」の運行はたっぷり4時間あるので賑やかな雰囲気を存分に堪能できます。
3,000円プラスするとゆったり見学ができる有料席の桟敷席での観覧もできます。
お祭りの後は温泉で汗を流してツアー終了。
往路は夜行で出発地に朝の到着です。
出発地は仙台・泉中央の宮城県内発や郡山の福島県内発、盛岡の岩手県内発などの東北発で、費用は16,900円より。

>>> プランの詳細はこちら

青森ねぶた祭りと秋田竿燈まつりを堪能!関東発の旅!

「復路夜行で効率よく夏祭りを満喫!秋田竿燈まつりと桟敷席付きの青森ねぶた祭り」は2泊3日の宿泊ツアープラン。
朝出発で青森に到着したら、東北夏祭りを代表する圧巻のねぶた祭りを有料観覧席である桟敷席から間近でゆったりと見物し、お祭りをたっぷり150分堪能できます。
祭りを楽しんだら安比高原温泉の宿に宿泊します。
2日目は朝は10時とゆっくり出発し、田沢湖・たつこ像を見学し、角館の武家屋敷の街並みの散策を堪能。
夜は秋田の竿燈祭りで提灯が美しい「ねぶり流し」を見学してツアー終了。
帰りは夜行なので車中泊で朝に出発地に到着予定です。
出発地は新宿・上野・八王子・立川・町田の東京都内23区内発、横浜・川崎・海老名・平塚の神奈川県内発、川越・さいたま新都心・春日部・南越谷・熊谷の埼玉県内発、西船橋・津田沼・松戸・我孫子・木更津・佐倉の千葉県内発、土浦・日立・水戸・石岡の茨城県内発、おおた・伊勢崎・高崎・前橋の群馬県内発、那須塩原・宇都宮・小山の栃木県内発などの関東発で、費用は32,900円より。

>>> プランの詳細はこちら